アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
70年以上経っても現役の無垢フローリング

建材選びは将来のイメージが重要

  • 21
  • 7月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

20年後の姿を想像して買っていますか?

アトピッコハウスの築70年の無垢の床

…と言っても、20年間同じものを
使い続けているという物は
そう多くはないと思います。

洋服は流行り廃りが激しいものだし
家電製品は早いものだと
5~6年で不具合が出てくるものもある。

決して安いとはいえない車でさえ、
今では10年乗ったといえば
相当に物持ちが良いと言われる
部類に入るのではないでしょうか。

逆に20年前から使っているものを
自分の持ちもので探してみても
何一つ見つかりません。

古くなった、壊れた、好みでなくなった
流行が過ぎた、収納しきれなくなった…
などの理由で、手元から
消えていったものばかりです。

ただし、そのような理由で
簡単に手放せないものが
一つだけあります。

それが、マイホーム。

もちろん、賃貸物件であれば
住み替えるという選択肢もありますが
購入してしまうとそういうわけにいきません。

それなのに、購入するときに
20年後、30年後の姿を
リアルに想像して購入する人は
そう多くはありません。

それはそうですよね。
ピカピカのマイホームを前にして
古びていく姿を想像しろというほうが
無理な話です。

しかし、物は必ず古びていくというのは
宿命であり現実です。

これは、築約20年の家の
ビニールクロスを貼った壁です。
ビニールクロスの20年後ビニールクロスの20年後

ビニールクロスは家具や物で
擦ったような線が残り
出隅(出っ張った角の部分)は
剥がれて下地がむき出しの部分も見えます。

次に、合板フローリング
合板フローリングの20年後

上にラグが敷いてあった部分は
それほどの劣化は見られなかったものの
日がよく当たる部分はワックスや塗装が
ひび割れて醜く剥がれてしまっています。

しかも新建材の特徴として、
それらの破れ・剥がれ・シミ・傷が
馴染むことなくみすぼらしい劣化と
なってしまうのがとても残念なところ。

物は必ず劣化するのだから、
これはもう仕方のないことなのでしょうか?

実は、時が経っても劣化しない
内装材もあるのです。

それが塗り壁や布クロス、無垢フローリングなどの
自然素材でできた内装材です。

自然素材の内装材は、一度施工してしまえば
20年、30年で塗り替えや
貼り換えの必要がないくらい丈夫。

その上、新建材と違い、経年変化が美しく、
表情豊かな個性を楽しむことができます。

これは、施工から約10年経過した
アトピッコハウス事務所のすっぴんクロス

アトピッコハウス事務所のすっぴんクロス

物がぶつかったり手が触れることが
一番多いハードな環境に貼ってありますが

ひどく汚れていないし、色んなものを
ぶつけたり擦ったりしていますが
剥がれたり破れたりもしていません。
全体的にやわらかく色が変化しています。

資料請求は、こちら

床は、築70年になる無垢フローリングです。

アトピッコハウス事務所の無垢フローリング、70歳。

施工された場所の環境によって
それぞれに違う表情を見せ、

シミや傷も無垢材特有の丸みを帯びて
周りとなじんで変化しています。

無垢材というと、やはり傷やシミを
気にされる方が多数いらっしゃいますが、
それらがかっこよく、アンティークの
味わいになっていくことが
無垢の醍醐味でもあります。

ごろ寝フローリング

こうして見ていくと、
年を経るごとに見た目の美しさに
大きく差が出てしまうなら

最初に少し予算がかかるとしても
自然素材を選ぶほうが、結果として
お得であることは間違いありません。

新建材で妥協する方の言い分として
「新建材のほうが圧倒的に安いのだから
劣化したら張り替えをすればいいのでは?」
というご意見もあります。

しかし、先ほど例に出した築20年になる
住まいの持ち主も、実際にはなかなか
簡単にはリフォームできていないのが現状。

キッチンやトイレ・お風呂などの
水回りのリフォームと違い、

壁や床のリフォームは、交換しなくても
生活には何ら支障はないという
「必要に迫られない」上に

家具や荷物を全てどけて、
規模によっては一時的に別の住まいを
確保しなくてはいけないという
大規模工事になります。

しかも住み始めてから何十年になると
子供の受験、親の介護などの
生活ステージが変化する時期で
お金や時間に余裕がなかったり

さらに時間が過ぎてしまうと
子供たちが独立して、リフォームする体力もなく
「夫婦二人ならもうこのままでもいいか」
といった心境になっていたりして

結局そのままリフォームせず…というご家庭が
少なくありません。

それならば、はじめから何十年も使えて
美しく変化する内装材を選んだほうが
賢い選択と言えそうです。

人生で一番長いお付き合いになる
大きなお買い物、マイホーム。

十年単位で先読みして、
賢くお得なお買い物をお勧めします!

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら