アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
なぜ、塗り壁をDIYしますか?

なぜ、塗り壁をDIYしますか?

  • 30
  • 7月
  • 2015

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの元岡いずみです。

DIYのお問い合わせが増えています。

なぜ、塗り壁をDIYしますか?

皆さまは、今年の夏はどのように過ごされますか?
海や山へ旅行する方
お家でのんびりする方

はたまた、
リフォームを計画されている方も
いらっしゃると思います。

夏休みに向けてか、
最近、塗り壁のDIYのお問い合わせが増えています。

テレビや雑誌でも
DIYの特集をよくみかけます。

お友達や家族で塗り塗り♪
それらを見ると、とっても楽しそうです!

湿気が多いこの季節、
調湿性能のある塗り壁にしたら
快適に過ごせそうですよね~!

そんな塗り壁のDIYを迷われている方へ

DIYが簡単か、難しいか、
楽しめるか、苦しいかはあなた次第!

DIYを決める前に
まずは、“なぜ?・なぜ?・なぜ?”と
自問自答してみることをお勧めします!

そうするとおのずと
自分にDIYが向いているのか、

プロにお願いした方がいいかが
見えてきます。

最初の質問は、
「なぜ、塗り壁にしたいの?」

湿気対策
伝統的なものへの憧れ
自然素材にしたいから
見た目がかっこいい
ビニールクロスが嫌だ
何となく

理由はさまざまだと思います。
自分が塗り壁に求めるものを明確にして、
それに見合った商品を探してみましょう。

例えば、湿気対策で塗り壁にするのなら、
調湿性能が高い商品を選びます。

1㎡あたりの調湿量
参考にするのもよいと思います。

自然素材を求めるのなら、
ほんものの自然素材の珪藻土漆喰

見た目がなんとなく塗り壁のようになればいい
成分はこだわらないというのであれば、
値段で選ぶのもありです!

もし、波のような模様、
かっこいい模様、
「イタリアンレストランのようなおしゃれな感じ」
を塗り壁に求めているのであれば、

プロに任せた方がいいです。

DIYですと、
思い描いた模様をつけるのは困難です。

コテで描く模様はプロの技!!
希望の模様がある場合は、
左官職人さんに依頼されるのが一番です。

塗り壁に求めるものを明確にしたら
次の質問です。

「なぜ、DIYなのですか?」

答えが、
楽しそうだから、挑戦してみたいから
といった、前向きなものだったら最高です!

施工要領書を確認して、
自分で出来そうかを判断してみましょう。

ですが、DIYの理由が、
お金をかけたくないからだとしたら、
少し考えた方がいいかもしれません。

塗り壁のDIYは楽ではないです。

もちろんホームセンターには
気軽に塗れる商品も売っています!

比較的お値段も安いので、
費用重視であれば
簡単かつお安い商品を選ぶのがベストです。

難しいのは、
自然素材や高い調湿性能を求めながら、
費用を抑えたいという場合です。

素材や性能にこだわった商品は

塗りやすさを追求したDIY専用の商品と比べて
施工が難しいものが多いです。

難しい商品を
費用を抑えたいから仕方なくという理由で
DIYしようとすると

途中で辛くなってしまう可能性が大いにあります。
DIYは、材料や道具を自分で揃えるのはもちろん、

養生といって、
床や窓枠、家具にエアコン、コンセントなど
汚したくない部分を

ビニールシートやテープで
覆っていく作業もなかなか
時間がかかり大変です。

忘れがちですが
塗る工程だけではなく
準備や片付けにも時間がかかりるのです。

多くの時間を割いて辛い思いをするのは
悲しいです。

また、ご自身に質問してみてください。
「費用と時間どちらが大事?」

プロに任せれば1日で仕上がるものも、
自分でやると3日も4日も
あるいはそれ以上かかるかもしれません。

時間はお金でかえません。
時間を大事にしたい方は
プロに任せて方がよいでしょう。

なぜ?なぜ?なぜ?
DIYの理由を問うてみてください。

費用面の問題なら、
コストパフォーマンスの良い
商品を選択する、

今すぐやらなくても、
費用が貯まってから
プロに任せるという選択もあります。

なぜ塗り壁なのか、
なぜDIYなのかを明確にして
最適な選択をしてみてくださいね。

アトピッコハウスでは無料の
塗り壁講座をご用意しています。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら