アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
家づくり 壁の色はどう選ぶ?

自然素材のダメージは美しく変化する

  • 20
  • 1月
  • 2016

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、スタッフの平野 亜矢子です。

無垢床や塗り壁のダメージを心配する声は多い

アトピッコハウスの塗り壁は品質が高く、経年変化も美しい

傷や汚れ、シミは使っていれば
どんな製品にも付くものです。

当たり前のことのはずですが、
自然素材の内装材は、ことさら
その点を気にされる方が多いように思います。

自宅と会社で、新建材と自然素材、
毎日それぞれの環境にいる私としては
傷つきやすさとか汚れやすさに対して
さほどの違いを感じないのですが

そのような質問が相次ぐということは
いかにイメージが先行しているかということを
感じずにはいられません。

ビニールクロスや合板フローリングの場合
そのような質問をされる方は
どのくらいいらっしゃるのでしょうか?

おそらく、それほど多くは
いらっしゃらないと思います。

それは「安いから汚れやキズは仕方ない」という諦めなのか
「ビニールクロスや合板フローリングは
掃除がしやすいから汚れない」という認識なのか

はたまた「リフォームが簡単だから」という安心なのか
理由は定かではありませんが

今の「普通」といえば
「ビニールクロスに合板フローリング」が
定番となっているから、そのまま受け入れて
聞くまでもないだけかもしれません。

しかし、先程も書いたように
自然素材だからといって
特別に汚れやすかったり傷つきやすかったり
ということは、私はさほど感じません。

そこで、とてもハードな環境である
アトピッコハウスに施工されている
自然素材の経年変化の様子をご紹介します。

まずは、おそらく事務所で最も
ハードな環境に塗られている
珪藻土塗り壁・はいから小町

固い物を頻繁にぶつけている「はいから小町」の出隅も、欠けはさほど目立ちません。

ここは、シュレッダーが置いてあるため
裁断済みのゴミを溜めるプラスチック製の
ダストボックスを出し入れする際に、
出隅にぶつけてしまうことが頻発する箇所。

また、倉庫もすぐそばにあるため、
段ボール類や掃除道具、
フローリングの大きいサンプルなども
よくガツンガツンぶつかっています。

なのでよーく目を凝らしてみると
確かに角が欠けている部分が見えます。

しかし、言われてみないとそれほど気にならないし、
クッキリとしたパターン付けをしてあるので
そのパターンの延長のように見えなくもない。

ビニールクロスの場合も
出隅は物をぶつけたり日常の摩擦で
破れたりめくれたりします。

ビニールクロスの場合は
塗り壁よりも薄いことがほとんどなので
破れた場合は下地がすぐに現れて
かえってみすぼらしく見えてしまいます。

ビニールクロスは薄いので、こすれや破れですぐに下地が見えてしまう

次に、お手洗いに塗ってある
漆喰美人

火鉢の真横に塗ってある漆喰美人も、ノーメンテナンスで7年。綺麗さを保っています。

アトピッコハウスは築70年の古民家を
リフォームして使っているので
冬場のお手洗いは極寒です。

そのため、冬は火鉢に木炭を焚いて
暖を取っています。

木炭を焚けば、当然灰が舞います。
毎日のトイレ掃除では
漆喰美人が塗られた場所以外は
念入りに水拭き掃除をしますが
当然真っ黒になります。

そんな環境にありながら、
漆喰美人の壁はノーメンテナンスなのに
ほとんど黒ずんでいません。

最後に、無垢フローリング

施工後約70年経過する無垢フローリングは傷もシミも味わい深い。

アトピッコハウス事務所では
サンプル作成の作業があるし、
セミナーがあるときは、机や椅子を引きずったり
大人数が押し寄せることも日常。

また、南向きの大きな窓があるので
日当たりは超良好と、建材にとっては
かなりの過酷な環境といえます。

おまけに、アトピッコハウスには
元気な看板犬が2匹、毎日駆け回ったり
時に粗相をしてしまったりして
消臭スプレーをバンバンかけられたりもしています。

けれど、そんな環境も何のその。

傷やシミ、摩耗や日焼けも
もちろんしていますが

みすぼらしさはこれっぽっちもありません。
むしろ自慢したいくらい、
味わい深い輝きに満ちています。

いかがでしたか?
皆さんが心配されるほど、自然素材も
傷や汚れ、シミなどは
新建材と比べて大きく気になるということも
無いということがお分かりいただけたかと思います。

新建材も自然素材も、
ぶつければキズになるし
物をこぼせばシミになります。

けれど、どちらが素敵に変化するか?

それを考えれば、自然素材の内装にする価値は
とても高いと思えるのです。

もちろん、自然素材と言っても
ピンからキリまであるので、注意が必要です。
値段だけで選んでしまうと
みすぼらしく変化してしまうものもあります。

だから、アトピッコハウスでは、
質の高い素材を厳選して提供しているのです。

それに、キズや汚れに特に敏感な方は
汚れや傷が目立ちにくい色や種類、塗装を
選んでいただくことも大切です。

決して安くはない新築やリフォーム。
だからこそ、内装材は長い目で見て価値のあるものを
選んでいただきたいのです。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら