アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
お気に入りの塗り壁、笑顔で行きたいですね!

塗り壁にする費用の目安とは

  • 20
  • 7月
  • 2016

新築やリフォームで壁を「塗り壁」で仕上げたいと思っても
実際のところ、どのくらいの費用になるかわからず
躊躇してしまう人も多いようです。

業者さんに頼んだらどのくらいの費用になるのか。
DIYでやれば安くできるのか。
どうしたらスムーズに塗り壁にできるのか。

塗り壁にまつわるお金についてご紹介していきます。

塗り壁の施工費用ってどのくらい?

憧れの塗り壁。その施工費用は?

アトピッコハウス㈱、名古屋出身・スタッフの平野亜矢子です。

「塗り壁ってどのくらいの費用でやってもらえるんですか?」
アトピッコハウスでもよくいただく質問です。

端的にお答えしてしまうと
「何とも言えません」

…となってしまうのですが、それでは元も子もありませんが
メーカーですので、材料費をお伝えすることはできますが
施工費用までは残念ながらお伝えできないのです。

塗り壁の施工費用は、施工業者さんや状況によって
大きく違ってくるので一概には言えないというのが
正直なところなのです。

塗り壁の施工費用、費用の差の理由

一般的に、塗り壁の施工費用は
ビニールクロスの3倍~5倍、
といわれていて、大きく幅があります。

そんなに違うのはなぜかというと、
職人さんの施工賃の地域性もありますし、
使う材料の種類にもよります。

塗り壁といっても、本漆喰もあれば
漆喰調もあり、珪藻土、聚楽壁、シラス壁、砂壁
などなど…

これら材料の費用の安い高いももちろんですが、
施工の手間がどのくらいかかるかで
職人さんの手間賃も変わってくるからです。

また、契約した施工店が普段使わない種類の塗り壁だと
入手ルートが複雑になってその分材料費も上がります。

それに、普段使わない材料の場合、万が一トラブルが起きて
塗り直しなどの費用もあらかじめ勘案して
価格を高めに設定する場合もあります。

つまり、技術力に不安がある施工業者である可能性がある
ということです。

いつもと違う材料であっても、普段使っている材料と
同等の価格でやってくれる業者さんもあるからです。

下地の状態でも塗り壁の施工費用は大きく変わる

その他に、塗り壁の費用を大きく左右するのは
下地の状態です。

どんな状態の壁に塗るかによって費用が
大幅に違ってくるのです。

例えば、新しい石膏ボードや、
状態の良いビニールクロスの上に塗る場合は
下地処理も簡単で、時間も手間もかからないので
施工費用は比較的安く済みます。

しかし、下地が崩れかけた塗り壁で、
一度削り落とさなくてはいけないとか

ビリビリ破れたり大きくめくれたビニールクロスで、
一旦剥がさないといけないとなると
その処理に時間とお金がかかってしまうので
塗り壁の施工費用はその分アップしてしまいます。

ボロボロのビニールクロスを剥がすのは想像以上に大変。

削り落とすとか剥がすという作業は、
私たち素人が想像するよりもずっと
大変な作業なのです。

ここまでのことをまとめると、
施工費用を最も安くあげようとすると
施工業者さんが指定する塗り壁材を
新しい石膏ボードの上または
状態の良いビニールクロスの上に塗るのが一番です。

DIYすれば費用は安上りになる?!

塗り壁にしようとする人がもう一つ考えがちなのが
「DIYにすれば安上りではないか」ということです。

確かにDIYは、材料の費用だけでできるから
安上りなイメージがあるのは確かですし
最近はホームセンターなどで、
素人でも簡単に塗れる製品を手に入れることもできます。

でも、総合的に考えて
本当に安上りなんでしょうか?

まず、実質的にかかってくる費用は、材料代だけではありません。
粉の商品だと「専用攪拌機」を購入する必要がありますし、
そのほかコテやバケツ、養生シートやテープなど
こまごまとした道具を買いそろえなければ始まりません。

もちろん、道具をレンタルできるところもありますが、
いずれにしてもタダでというわけにはいきません。

それに家具の移動や、塗り壁が付いたら困る場所に
養生シートやテープを貼る下準備の手間、
下地処理の作業などは素人だとなかなかスムーズにできず
膨大な時間を消費することになります。

そんなに必死になって準備はしたものの、
いざ本番、施工に入ると慣れないことの連続で
イメージしていたようにスイスイと塗ることは容易ではありません。

スムーズに塗れないとなると、当然仕上がりは…
推して知るべし、です。

DIY施工は思ったほど安上りにはならない?!

「苦労も楽しみのうち」とか
「仕上がりはご愛嬌、不格好さもかえって味わい」とか
大らかに受け止められる方であれば
施工費もかからず思い出作りができる体験だと
お勧めすることができますが

ただ単に費用を抑えることだけが目的の方には
DIYはあまり懸命な方法とはいえません。

予算を伝えることでスムーズに塗り壁に仕様変更

ここまで見てきたことをまとめると、
塗り壁の施工価格は一般的にビニールクロス施工の5倍程度を上限に
施工業者や使う材料によって大きく変わってくるということ。

でも、上手に依頼すれば結果的にお得に
指定した塗り壁に変更できる可能性もあります。

それはずばり、「予算を伝えること」。

家とお金

塗り壁にするために、どのくらいの金額を用意できますか?
塗り壁にしたいのはどのくらいの範囲ですか?

例えば「15畳のリビングと6畳の寝室を
●●メーカーの◆◆という製品で50万の追加で
塗っていただくことは可能ですか?」

こういう投げかけをすることができれば
施工業者さんはどうしたらお互いにメリットのあるように
希望を実現させられるかというモードに切り替わるはずです。

塗り壁を実現させるために、キッチンのグレードは
少し落としましょう、とか
複雑な間取りより、シンプルな間取りにすることで
コストを押さえましょう、とか

プロの立場からアドバイスできる現実的なコスト削減を
提案しやすいはずです。

アトピッコハウスの塗り壁は、施工相場の幅の中でも
真ん中から少し上程度の価格帯に属すると思われますが

初めから、塗り壁を標準施工にしている工務店に依頼すれば
施工費用の目安がわからず悩んだり、
価格交渉をしたことによって施工の出来不出来を気にしたり
する必要がなくなります。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら