アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
塗り壁にカビが発生してしまう原因

塗り壁にカビが発生してしまう原因

  • 28
  • 3月
  • 2018

冬を越したら、塗り壁にカビが⁉

なんて気が付いてしまった方もいらっしゃるのでは?

さくらも開花し、春が訪れつつありますが、
今年の冬は「極寒」と言われ、関東でも雪が降りました。

そうなると暖を逃さないようにもちろん閉め切りますよね。
それは、塗り壁にはちょっと苦手な環境です。

そんな苦手な季節を頑張った塗り壁には、
これからの季節はメンテンスにとても適した季節です。

吸収した水分を十分に放出させてあげて下さい。

それが次の季節に向かう準備になり、
カビ防止にも繋がります。

今回は塗り壁にカビが発生してしまう原因と対策をご案内します。

塗り壁の素材を理解しよう

塗り壁にカビが発生してしまう原因

自然素材の内装材メーカー、アトピッコハウスの小倉です。

塗り壁の素材には珪藻土や漆喰があります。

珪藻土や漆喰には、室内の湿気を吸ったり吐いたりする
「吸放湿性能」と言う特徴があります。

これは素材そのものが持つ特性です。

湿度を吸って吐く。この特性を生かしたものを、
塗り壁として私たちは、住空間をしつらえているのです。

塗り壁にカビが発生してしまう理由

先にお伝えした特徴だけから考えると、珪藻土や漆喰が
カビの大敵である湿度を吸ってくれるのでカビの発生を
抑制してくれるのではないか?

と考えてしまう方も少なくないです。
そういうようなお問合せも、非常に多いです。

ですが、それは残念ながらすべての条件が揃っている
住宅環境にしか、あてはまりません。

塗り壁は素材そのものには吸って吐いて、
湿度をコントロールしてくれる性能はあります。

ですが、住環境によっては素材そのものだけでは、
湿度コントロールが出来なくなってしまう場合があります。

要するにキャパオーバーという事ですね。

もちろん施工面積が狭ければ、そこに家中の湿度が
集中してしまい、結果吸放出が出来なくなり、
常に湿ったような壁になってしまう。

それがカビの原因にもなります。

また、塗り壁にはしているけど、空気の循環が良くない、
窓が少なく風通しが良くないなどの環境も、カビが発生して
しまう原因になります。

カビへの対策

一番は風通しを良くし、空気の循環を良くしてあげる事です。

そして何より気にかけてあげる事は、「吸放湿」の中でも、
「放」の方です。これをしっかりやってあげるかあげないかで、
カビの発生率はぐんと下がります。

湿度を吸った壁は、中途半端にそのままにしておくと、
それがカビの原因になります。

カビが発生する条件として一番影響があるのは湿度です。

珪藻土や漆喰に限らず、自然素材である塗り壁は湿気を吸います。
ただ、吸ったままではいけません。

それらを吐かせてあげないと、カビの原因になる湿度を
ずっと蓄えたままになり、そこにカビの胞子が付着し、
キャパオーバーとなりカビが発生します。

なのでこまめに換気をしてあげて、空気の循環を
良くすることが大切です。

湿気は北側に溜まりやすい

最近の住宅事情からみると、
マンションなど気密性が高い住宅が、非常に多いですが、
それは、カビにとっては最も好物な環境です。

特にマンションは、玄関を北側に置き、
そこから南に向かう間取りがほとんどですね。

そうすると、玄関・寝室・脱衣所・北側の部屋は特に注意が必要です。

暖気は寒い所へ流れます。

湿度は、暖気と一緒に流れていき、
北側に湿気が集中します。

なので、ため込まないような空気循環を
させてあげる事が必要です。

珪藻土にはカビの抑制力はありません

材料の特性として珪藻土自体にはカビの抑制効果はありません。

珪藻土の材料の特性としては、湿気を吸って吐きますが、
材料自体でカビを止める事は出来ません。

これから塗り壁をという方は、その素材が持っている特性を
しっかり理解して、空気循環の良い環境を整えてあげる事が
必要となります。

1.自然素材の塗壁材は吸放湿性能が優れますが、
カビを完璧に抑制する事は出来ない。

2.室内の換気を定期的にし、風通しを良くして
吸った湿気を放出することが非常に大切。

それでもカビが発生してしまったら?

実際に塗り壁にカビが発生した場合、
状況によって異なるので、一概には言えませんが、
先ずはしっかりとカビを除去してください。

そして壁の表面に付いたカビは、消毒用エタノールでふき取り、
表面だけではなさそうなカビには、カビ取剤を噴きかけ、
除去してください。

そしてそのあと、しっかり湿気を放出してあげてください。

いかがでしたか

これからの季節は湿気の「放出」には、最高の季節です。

冬場にため込んでしまった湿気を、窓を開けて風を取り込み、
しっかりと放出してあげてくださいね。

そのこまめな空気の循環が、
次の冬に向けての準備にもなります。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスでは、業界トップクラスの調湿性を
兼ね備えた珪藻土塗り壁「はいから小町」、
また、一般的な漆喰の2倍の調湿性能がある「漆喰美人」。
珪藻土塗壁 はいから小町
花の塗り壁 漆喰美人

もちろん、材料だけではコントロールは出来ません。
心地よさを保つにはちょっとした手助けが必要ですが、
ぜひ、その力に触れてみてくださいね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら