アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
梅雨の湿気も塗り壁で楽しむ

パステルカラーの珪藻土、濁りが無いのです

  • 11
  • 3月
  • 2013

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

ユニークな問合せを頂きました。

【ご要望・ほしい資料など】
明治初期の土蔵修復工事中、内装壁に珪藻土の弁柄 色を使いたいと思います。
日本伝統弁柄色で珪藻土 
横櫛引き模様で温故知新の風合いを出したいと検討しています。見本をお願いいたします。 

珪藻土は、漆喰と違って、表面がツブツブした感じになります。
それは、珪藻土そのものは、植物性プランクトンの化石なので、小さなものです。

しかし、調湿材に使うくらいですから、

水を加えても、粘土のように粘りが出ない。

珪藻土、はいから小町

しかも、細かい粉なので、そのままだと、1mm、2mmという厚さに塗り仕上げることもできない。

そこで、「骨材」と呼ばれる比較的粒子の大きい粉を
混ぜる訳です。

アトピッコハウスの珪藻土「はいから小町」にも、「骨材」として、
パーライトを入れています。

これが、珪藻土塗り壁特有の「ゆず肌」を作り出すわけです。

「意匠的」には、この「質感」と「色」が、大きな比重を占めると思います。

次に色ですが、はいから小町は、
「にがり」 と「マグネシア」で固めているので、

土系の塗り壁材には、珍しく「純白」の製品がベースになっています。

そこで、その濁りのない純白を生かして、パステルカラーで、
全8色を揃えています。

もし、落ち着いた感じの色合いが希望の方は、
難しいですね!

その場合は、オリジナルで漆喰塗り壁を作っているのでいるので、
花の塗り壁「漆喰美人」をご利用頂けると、いいと思います。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はいから小町の資料のご請求は、こちらです
珪藻土塗壁 はいから小町