はじめにお読み下さい

  • プロの皆さんこんにちは
  • いい家を造りたいユーザーの皆さんこんにちは
  • 愛する人を基準にする
» ひろ美専務のブログ記事

どこで家を建てるのが正解? 建築条件付き編

投稿日:2017年06月23日 作成者:


フルオーダーの家は予算的に難しいけれど、
自由設計の建築条件付きなら、

土地も希望通りだし、
自然素材への変更もできるらしい。
これなら私の希望も、
主人の通勤も両方叶えられる!?

建築条件付きで、自然素材の家を建てることができるのか?

無垢フローリングや漆喰のメーカー
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

建築条件付きの「条件」は各社により異なりますが、
アトピッコハウスの自然素材を使った家を建てることは、
95%以上の確率で、不可能です。

なぜ土地だけで販売しないのか?

建築条件付きの土地は、
その土地が魅力的だったりします。

駅から近かったり、
形状が真四角、
日当たりがいいとか、

こういう土地を探してたのよね~という場所であることが
往々にして多いです。

誰でもいいね!と思う土地であれば、
もっと高くしても売れる。
だけど土地だけを高くすると買える人が限られるから、

建物も一緒につけて
利益を増やそう!

という販売する側の意図があるかもしれません。

建築条件付きは、売る側のリスク回避策かもしれない。

建売住宅は、家を建てないとなりません。

建築費などの経費を、
先に支払う必要があるし、
建てたら、それなりに管理も必要です。

万が一、売れ残ってしまったら
原価を割って売らざるを得なくなったら‥。

土地だけなら、
売れるまでの間コインパーキングに転用することもできるし、
野立て看板を出して
ちょっとした収入を得ることも可能。
だけど建物があったら、
それも自由にできません。

建築条件付きのメリットとは?

出来上がった建売と違い、
これから建てるわけですから、間取りや仕様を選べる嬉しさがあります。

そして建築途中をチェックすることができるから、
手抜きをしているかどうか、
自分の目で確認できるのは、
安心材料といえそうです。

またフルオーダーの注文住宅と比較すれば、
打ち合わせ回数も少ないから、
忙しい家庭には嬉しい。
そして当然お値打ち価格であることも最大の魅力です。

当然ながら、建築条件付きにはデメリットもあります。

・建築会社が指定されていて変更できない
・当然設計者も決まっている
・制約がある中での「自由設計」である
・範囲を決められた中での「仕様変更」が多い

つまり、建築条件付きは、
ほぼ建売と変わらないと考えていいぐらいです。

もちろん契約書に
・ごろ寝フローリング
・珪藻土塗り壁はいから小町

と記載ができていれば可能です。

でもほとんどの方が、
「自由設計」「仕様変更可能」

というメリットだけに注目して
自分の思い込みで

何でも思い通りになる!

と勝手に
自己完結しているケースが多いので、
話がややこしくなっているのです。

建築条件付きが、安い理由を考えてみよう。

理由があるから、建築条件付きの土地なんです。

土地だけ売るよりも、
家も一緒に売れれば利益が増えるじゃん!

と思っている人が、
フルオーダーの注文住宅のように、
何度も、何度も打ち合わせなんてしてくれません。

次から次と手の届かない夢のようなリクエストばかりしてきて
なんて面倒くさいんだろう。
次の打ち合わせから、有料にしようかな。

って、思っているかもしれません。
だって、チャチャっと売りたいんですもん。

それなのに契約後に
自然素材にしたいとリクエストするのは
後出しジャンケンに似ています。

建築条件付きは、土地を重視したい人なら正解。

立地条件の良い建築条件付きの土地。

だけど土地だけ手に入れても住むことができないから、
とりあえず、建ててくれればいい。

そういう人なら、
建築条件付きがピッタリです。

建築条件付きの、あるある。

自然素材の家が欲しい奥様と、
建物よりも価格変動の小さい不動産に
価値があると考えるご主人。

奥様が体調不良はビニールクロスの影響だ!と力説しても、
それは更年期障害じゃないの?で一蹴され、

子どもたちのためにも、より良い家にしましょうよ。
と泣きわめいても
エビデンスがないじゃないか、と切り返す夫。

暴君のこともあるでしょうし、
感情剥き出しの妻の場合もあるでしょうが、

いずれにして双方の会話は平行線。

確かに自然素材を使ったからといって
体調が改善するなんて、言えません。

無垢フローリングよりも
高額の合板フローリングだって存在しますから、
良い悪いの価値基準も世の中色々、
好きか嫌いかは、それこそ個人の趣味ですから、

お互い、歩み寄るしかありません。

建築条件付きは、建売と大差がないと考えよう

建売に自然素材、
アトピッコハウスの商品は採用されないのと、同じです。

解約には違約金が発生します。
指定工務店を変更することができたとしても
手数料が発生します。

自然素材の家に住みたい人で、
契約がまだなら、
今一度、土地が欲しいのか家が欲しいのか、

家族で話し合ってみて下さいね。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: どこで家を建てる 建築条件付き | タグ: , | どこで家を建てるのが正解? 建築条件付き編 はコメントを受け付けていません。

どこで家を建てるのが正解? 土地探し編

投稿日:2017年06月19日 作成者:


土地がなければ家を建てられません。
だから家を建てようと思った時、
まず最初に、土地を探し始めます。

そして、これが一番の難題であり肝になります。

住宅展示場を見学に行っても、
土地の無い人に、営業はかけてきません。
というか相手にされません。

逆にいえば、安心してモデルルームを見学できる時期、
ということになります。

土地探しは、やっぱり不動産屋か。

無垢フローリングや漆喰のメーカー
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

土地を持っていない方が
家づくりを考えた時、
不動産屋の門を叩きますよね。
確かに土地の売買は不動産屋の業務です。

最初に土地から探さない

がしかし不動産屋には、
家づくりの知識、
つまり家を建てるために必要な金額は
ざっくりとしか知りません。

そのため、気に入った土地を手に入れられたものの、
家を建てるお金がない!というケースが続出しているんです。

土地探しからスタートするのは正解か?

家を建てるとき、
建築費以外に、色んなお金が発生します。

登記費用に外構費用や引っ越し代、
そしてカーテンや照明器具、
テーブルや家電品も新しくしたいと思うのが日本人です。

1つ1つの単価は、
それほど高くなくても、
積み重なれば、それなりの金額になります。
真っ暗な部屋で暮らすことはできないし、
カーテンがないと生活に支障が出ます。

家づくりをしていない不動産屋は、
その当たりの細かい費用については言及しません。

総額の予算から概算で建築費用を伝え、
その差額で土地を買えばいいわけだから、
ホラ、こんないい物件がありますよ。
となります。

だけど、不動産屋が算盤をはじいてくれたその建築費には、
当然、自然素材は入ってないし、
上下水道工事費用も別だったとしたら‥。

土地が欲しいのか、家がほしいのか?

急行が停まる駅は便利です。
バスを使わなければ通勤通学も楽ですが、

やっぱり金額が高くなります。

家を建てる総額費用を理解しないまま
最高の土地を購入して、
新築費用が捻出できない

ということになるのは、
家づくりの総額を知らないからです。

投資物件
または遠くない将来手放すことを前提であれば、
家にお金をかけるのはナンセンスです。

なぜならば日本の中古住宅の評価額は
建築費用に見合ったものではありません。
不動産という、比較的価格が安定した物に
お金をかけるべきです。

でも土地じゃなくて、家が欲しいんですよね?

家を建てる時は、お金の計算からスタートしましょう。

お金の話というと
銀行のローンセンターや、
ファイナンシャルプランナーを思い浮かべますが

家づくりは、お金の話から

どちらもお金のプロであって
家づくりのプロではありません。

最初に知るべきなのは家を建てるための総額、です。

それを知った上で、
返済できる住宅ローンについて
銀行やファイナンシャルプランナーに相談に行きます。

返済できる住宅ローンが決まったら、

逆算して、土地の代金を算出すれば、
土地も買えるし、
家も建てられるんです。

理想の土地は変えないかもしれません

でも家が欲しいのならば、
理想の土地を諦めるしかありません。

つまり欲しいのは
土地なのか、家なのか。
家づくりの総額が見えてくると、
自分の価値観も、ハッキリしてくるのです。

では、誰に家の総額を聞くのが正解なのか?

家づくりのプロならば総額を知っています。

思い浮かぶのは、
建築士事務所やハウスメーカーでしょうか。

建築事務所は、設計のプロですが、
フルオーダーの家づくりを得意としているので、
費用の算出は苦手です。

お金の話をするプロとして、
私がお勧めするのはハウスメーカーと、

地域密着工務店です。

ハウスメーカーは
ローンシュミレーションの
アプリなども充実していて、わかりやすい会社が多いです。

しかも土地を持っていない人には、
しつこい営業を仕掛けてこないことも安心!

夜討ち朝駆け、は昔のこと。
今しつこい営業をすると消費者センターに密告されてしまうし、
そんなパワフルな営業マンもいません。
のんびり、話をしてくれますから
安心して質問してみましょう。

そして、もう一つが地域密着工務店です。

ここでいうハウスメーカーとは
全国展開のTVコマーシャルなどもやっているハウスメーカーと
考えてください。

家を建てている会社=ハウスメーカー

という定義も成り立ちますが、
敢えて区別をするために表現方法を変えています。

地域密着工務店とは、
移動時間が1時間程度の、
狭いエリアで、コツコツと家を建てている会社です。

大工とは違いますし、
見分け方が難しいのですが、

家づくりの相談に行って、
一番最初に「お金の話」をしてくれる会社であれば、
まず大丈夫です。

地域密着工務店もしつこい営業はしません。
なぜならば、人手が足りてないからです~。

家を建てる時、土地探しから初めてはいけません。

家づくりの総額予算がみえてきたら、
それに見合う金額の土地に絞って探します。

希望の駅は手が届かないかもしれません。
土地の広さも小さくしたり、
駅からバスを利用する土地になるかもしれませんが、

土地が欲しいのか、家が欲しいのか?

土地が欲しいのではなく、
家が欲しいのであれば、

それが現実。
夢物語は、終わりにして
しっかりと現実を見据えて土地探しをしていきましょう。

自然素材を取り入れた家を希望されているとしたら、
こちらのメルマガが役に立ちます。
メールセミナーは、こちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: どこで家を建てる 土地探し | タグ: , | どこで家を建てるのが正解? 土地探し編 はコメントを受け付けていません。

どこで家を建てるのが正解? 設計事務所編

投稿日:2017年06月13日 作成者:


住宅展示場をみてきたけど、
どれも画一的で、今一つだった‥。

そんな時、思い浮かぶのが設計事務所です。

工場で量産されているハウスメーカーの家とは違い、
独創的で、オリジナリティに溢れた家を
設計事務所はつくってくれそうな気がします。

そのイメージって、本当でしょうか。

設計事務所で家を建てるのは正解か?

無垢フローリングや漆喰のメーカー
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

設計事務所の家づくり

設計事務所と言っても色んな種類があります。
そして最近は、設計事務所を名乗っていても、
建築会社のような設計事務所もありますが、

ここでは工事はしない、
設計に特化した事務所に絞って考えていきます。

建築の範囲は広く、
設計事務所がすべての分野に精通している人はいません。

一級建築士はマンションなど大型物件を含めて、
どんな小さな建物も設計できる資格ではありますが、
範囲が広いからこそ、専門性が分かれています。

一級建築士の先生は、
何でも知っているし、
何でも得意という印象は、幻想です。

本当は自分の得意分野と
苦手分野を正直に言ってくれればいいのですが‥。
だから自分で、見極める必要があるのです。

自然素材の家を建てる時、設計事務所は正解か?

設計事務所は無垢材が好きです。
反面、コンクリートむき出しやシナ合板仕上げの壁も、好きです。

自然素材の家は、野暮ったい?

スッキリとしたデザインを好む設計士の方が多いからでしょう。
確かに、すべてが無垢材だと
ちょっと、野暮ったくなるのは事実ですが、

希望する自然素材が
無垢フローリングだけで、他はお任せ!といのであれば、
設計事務所で家を建てるのは正解、です。

設計事務所はフルオーダーの家づくり?

これはもちろん、YESです。

それこそ注文住宅ですから、
輸入タイルでも、高級キッチンでも、すべてご要望通りです。
あ、予算があれば、です。

ハウスメーカーのような制限もありませんので、
予算と時間が許すのであれば、
どんな建材も、選び放題です。

設計事務所は、センスがいい?

センスの良し悪しは好みでもありますが、
ある程度の経験がセンスを磨いてくれます。
だから、やっぱり経験は豊富な方がいい。

年間1-2棟をつくっている建築事務所は
10年後に20棟の経験を積んでいることになりますが、

年間5棟つくっていれば、
10年後に50棟です。
この差は、すごく大きくなりますよね。

経験が豊富だと、
組み合わせに対するアドバイスが的確です。

サンプルが少ないのが
フルオーダーの家づくり。
モデルルームがないという欠点を補うのは、経験です。

小さなサンプルから、
あなたにピッタリな壁材を選ぶのは、
経験がないと難しい。

だけど若い感性ならではの発想もあります。

経験は不足しているけど、
その設計事務所の方の家づくりの方向性が気に入った!のなら、
設計事務所の経験不足をどこで補うのか、
事前に決めておいた方が、無難です。

設計事務所は、予算度外視が多い。

設計事務所の方とお話ししていて、
私が一番気になるのは
「予算は決めていません」というお答え。

家を建てるのは一生に一度。
ならば、すべての願いを詰め込みたい!

がしかし、現実は違います。
先立つものがなければ、
その夢は泡と消えていきます。

家作りに、お金の話は欠かせない

家づくりには時間と手間暇がかかります。

忙しい現代人にとって、
もっとも貴重なのが時間。
夢物語を追いかけて、半年も打ち合わせをするなんて
有りえません!

返済できるローン金額を知り、
そこから逆算して土地を買い、家をづくりを考えていく。

そうしなければ
自然素材の家は、大金持ちでなければ手に入りません。
最高の土地を手に入れたけど、

家を建てる予算が残っていない。

そんなことにならないように、
まずは予算を決めることが先決です。

住宅ローンに一生を捧げるなんてナンセンス

家は財産ですが、
もっと身軽に家づくりを考えてもいいんじゃないかな、とも感じます。

フルオーダーの注文住宅に住んでいるけど、
外食もできない、旅行にも行けない。
そんな生活は、空しいと思うんです。

たとえ理想通りの家でなくても、
持家に住めるなんて、やっぱり夢のマイホームです。

自然素材の家が手に入らなくても、充分。
今の生活を維持しながら、
手に入る家づくりを、今一度考えてもいい、
そういう時代のような気がします。

べっぴんハウスは、アトピッコハウスが企画した自然素材の家です。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: どこで家を建てる 設計事務所 | タグ: , | どこで家を建てるのが正解? 設計事務所編 はコメントを受け付けていません。

どこで家を建てるのが正解? ハウスメーカー編

投稿日:2017年06月09日 作成者:


モデルルームをまわったけど、
結局、どこがいいのかわからない‥。
そういうお悩みを持つ方は少なくありません。

ただ、万人が正解と思える家づくりは、ないんです。

だから、迷います。
お友達は最高って言ってたけど、
私はピンとこないと感じることもあります。

それは、自分にとっての正解と違うからなんですよね。

そのためには、まず各社の特徴を、
自分たちが理解することが第一歩になります。

ハウスメーカーで建てるのは正解か?

ハウスメーカーの家づくり

無垢フローリングや漆喰のメーカー
アトピッコハウス(株) ごとうひろ美です。

ここでいうハウスメーカーとは、
TVコマーシャルをしている全国展開の会社と定義します。

ハウスメーカーといっても、
各社それぞれ特徴があるので十把一絡げにはし難いのですが、
まずは共通点をピックアップしていきます。

その共通点から、
自分はハウスメーカー向きだな、とか
興味があると思った方は、
各社の特徴を、ご自身で調べてみてください。

自然素材の家を建てる時、ハウスメーカーは正解か?

結論から言うと、間違っています。

自然素材といっても色々ありますし、
ハウスメーカーも
オプションで自然素材を用意しています。

だから、そのハウスメーカーが用意している自然素材と
自分が期待している自然素材が合致していればOKですが、
往々にして、

私が欲しい自然素材は、コレじゃない!

ということになってしまいます。
自然素材という単語の定義は法律で決まっていないので、
そのハウスメーカーが
自然素材として用意しているオプションを、

契約前に、確認しておく必要があります。

ハウスメーカーはフルオーダーの家づくり?

ハウスメーカーは注文住宅をつくっていますから、
間取りも自由、色柄も選べます。

はい、そのハウスメーカーの「規格の範囲」で
フルオーダーです。

軽量鉄骨を売りにしている会社は
木造は建てません。
もしも建てるといったら、よほど今月の営業成績が悪いんです。

キッチンも、その量産ハウスメーカーが用意している中から、
選び放題!です。

ハウスメーカーは自然素材が得意ではない

どこのメーカーさんともお付き合いはありますが、

通常仕入ていないメーカーさんは高くなったりするなど
想定外のことが出てくるのが普通です。

ハウスメーカーは、施工実績が多いから安心

一理あります。
規格通りの家であったとしても、
大きさや、間取りなど、
まったく同じ家、はありませんから、

施工実績が多い方が、経験値が上がっていくのは当然です。

しかも、社員研修も実施していますし、
下請けの施工会社にも研修制度を設けているので、
教育システムは、完成されています。

そこに安心感を見いだせる方が、
ハウスメーカーで家を建てると正解になる方、とも言えます。

アフターフォローの仕組みがあるから安心か?

ハウスメーカーのアフターフォローは整っています。
専門部署や子会社が担当するシステムができています

「連絡が遅い」「たらい回しにされる」というのは
大きな会社の勲章、と思っていた方が無難です。

ハウスメーカーは廃業しません

不景気な時代、
引き継ぐ社員がいない会社は廃業を選択するところも増えてきました。

その点、全国規模の会社となると
後継者がいないから廃業するということはありません。

ただ絶対倒産しない、というのは、
今の時代、ないんです。

コンビニスイーツと、パティシエのケーキ。

コンビニスイーツのクオリティって、高くなっています。
しかも1つから気軽に買えるところも
嬉しいですよね。

それでも特別な日は、
パティシエ自ら生クリームを絞ってくれるケーキがいい。

特別な物は、本物がいい

私は、そう思います。

量産されているから味が落ちるということは
今の日本では考え難い。

でも家って、特別な物。

その特別な物を、
工場で大量生産した家でいいのか…。

しかも大量生産されているコンビニスイーツは
パティシエケーキよりも安いのに、

大量生産されている
全国展開のハウスメーカーの家は、
1つ1つ丁寧につくっている家よりも、高い‥。

もちろん工場生産だから安心という考え方もあります。
工場で大量生産された部材でつくる家に、
価値を見いだせるのであれば、

ハウスメーカーで量産された家を選ぶのは正解。

でもパティシエのケーキみたいなのがいい!
と思うのであれば、
違う選択肢を、考えてみてはどうでしょうか。

アトピッコハウスでは、自然素材をたっぷりと使った
規格型注文住宅「べっぴんハウス」を商品化しています。

べっぴんハウスのヒミツをお伝えします。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: どこで家を建てる ハウスメーカー | タグ: , | どこで家を建てるのが正解? ハウスメーカー編 はコメントを受け付けていません。

アトピッコハウス、海外へ行きます!

投稿日:2017年04月01日 作成者:


なんとなく海外で生きていくと思っていた。

だから海外と繋がりそうな貿易事務をしていた。
航空便ではなく、船便を選んだのは、
小さい頃から、横浜のコンテナ船を眺めていたからだと思う。

なんとなくだからだろうか、
いまだに実現していないのけれど、
貿易事務をしていたことが、
ここにきて役立っている。

今年、アトピッコハウスが海外へ旅立つことになった。
念願だった輸出がスタートする。

国内市場に行き詰まりを感じてのことでは、ない。
市場から考えれば、
アトピッコハウスなんて、ニッチもニッチ。
アリンコ程度のシェアだ。

ただ、チャンスは活かしたい。
たくさんのオファーはあった。
日本製への信頼は、
まだまだある、と実感する。

今回は日本の商社が
手を上げてくれたからスムースだった。

海外で受け入れられるのか、
あと何を準備するべきなのか、
課題は残されているが、

満を持しての海外展開に、
ワクワクが止まりません。

場は整いました!

今日は冷え冷えとしたエイプリールフールでした。
雨降って地固まる、
ですね。

カテゴリー: アトピッコハウス 海外 | タグ: , , , | アトピッコハウス、海外へ行きます! はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

続きを読む

メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣 無垢材や珪藻土を使った自然素材の家を、普通の予算でつくる方法を全7回でお伝えします。メールセミナーで勉強してから、家づくりをスタートしてください。 詳しくはこちら メールセミナー 全7回 失敗しない本物の家をつくる秘訣

ユーザー向けメール講座

失敗しない本物の家をつくる秘訣

メール講座、参加はこちら

プロ向けメール講座

本物の伝え方 初級編

メール講座、参加はこちら

Calendar

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

カテゴリー