アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
優しい自然素材の布クロスはいかが?

布クロスという選択で、自然素材をあきらめない

  • 15
  • 6月
  • 2016

住宅の壁って、どうやって選ぶのでしょうか?

新築など住み替えのタイミングと、
築年数が経過してリフォームを考え始めたタイミングくらいしか、
壁のことを考えることって無いと思います。

いざ、真剣に調べ始めると様々な種類の壁があり、
選び方が分からなくなってしまう方も少なくありません。

そこで、まず住宅の壁材の種類を大きく分けてみると、
自然素材か、そうじゃないか?と、
もうひとつ、塗り壁か、壁紙か?という分類ができると思います。

これらのどれが自分に適しているのかを考えるとき、
最初に考えておきたいのは、
ずばり予算です。
新築なら、壁にかける予算配分はどのくらいか?リフォームの費用と施工範囲をどうするか?
ここが決まると、選択肢はぐっと狭まります。

次に、自然素材がいいのかどうか?
自然素材 壁」と検索すると、多く出てくるのは
塗り壁、紙クロス、布クロスなどでしょうか。

それぞれの商品自体の質にもよりますが
一般的に考えるとこれらの中で費用がかかるのは、塗り壁です。
紙クロスと布クロスは、塗り壁よりは手が届きやすいと言えると思います。

そして、何と言っても一番安いのは、ビニールクロス。
もちろん自然素材ではないですが、現在流通している大半の壁材がビニールクロスです。

しかし、最近は「安く・早く」という考え方だけではなく
エコ」や「良いものを長く」という価値観が大切にされるようになったせいか、
自然素材に興味を持たれる方がとても多いようです。

また、そういった価値観を特に意識していない方でも、
いざビニールクロスを手にしたときに、
なんか安っぽいし、ありきたり」と思って
別の壁材を探すケースも、少なくありません。

ただし、多くの方が自然素材に興味を持たれても、
そのすべての方が実際に自然素材を採用しているわけではないのが現実。
ネックは、やはり予算です。

「塗り壁が良かったのですが、予算の都合上ビニールクロスを採用しました」
という、あきらめのお声を見かけることも、多々あります。

そこで、ちょっと考えていただきたいのが、
布クロスにする、という選択肢
自然素材をあきらめない方法のひとつだと思うのです。

エコで良質な壁材は、塗り壁以外にもたくさんありますが、
自然素材ならではの見た目を楽しめて、丈夫で耐久性がある壁材をと考えると、
布クロスがぴったりだと思うのです。

ところで、
どうして塗り壁が高くて、ビニールクロスが安いのでしょうか?

優しい自然素材の布クロスはいかが?

アトピッコハウス(株) スタッフの手島です。

内装は、日常の暮らしで一番目に入り、肌に触れる大切な部分。
だから、できれば素敵な内装にしたいものです。

高級な壁というと、まず塗り壁を思いつきます。

塗り壁が高いには、ワケがあります。

まず、材料費が高いです。
「自然素材」というのは、量産できませんから材料費が高いです。

そして、工事費用も高いです。
材料を買って、そのまますぐに壁にササーと塗れる、というわけではないからです。

きちんと下地処理をして、材料を練って、手作業で少しずつ塗っていくので、
どうしても時間と手間がかかります。

時間がかかるということは、
つまりその分、人件費がかかる、という意味です。

一方、ビニールクロスは、同じく下地処理が必要ですけれども、
比較的ササーっと貼れてしまいますので、時間的には、ずっと短くて済みます。

そもそも、
ビニールクロスは施工のしやすさ、材料の安さを追求した商品ですから、
安くて当たり前で、言うならば内装工事の価格破壊をした商品なのです。

費用がこんなにも違うのには、こんな理由があるわけです。

ここで、自然素材をあきらめないために、布クロスのことをちょっと考えてみます。

塗り壁には予算が足りないけど、自然素材にしたい

自然素材の布クロスなら、予算はどのくらいかかるでしょうか?
材料自体の価格は、質によってピンキリなのですが、

工事については、作業的にビニールクロスと似ています。

大手メーカーからも布クロスは販売されていますから、
普段から布クロスを取り扱う業者さんも、割といらっしゃるようです。

そういう業者さんに依頼できれば
塗り壁工事ほどの費用はかからないことが多いです。

塗り壁には費用が足りないからと、自然素材そものもを諦める前に、
もう一度、検討してみる余地があるかと思うのです。

ただし注意しておきたいのが、
ビニールクロスと同等の工事費用にはならないことは事実。

なぜなら、ビニールクロスよりも手間と時間がかかるからです。

ビニールクロスは少しばかり仕事が雑でも綺麗に見えますが、
布クロスはきちっと貼れていないと、見栄えがしません。

ですから、布クロスは慎重に扱わなければなりませんし、
布クロス独特の貼り方がありますので、職人さんの技術が必要です。

自然素材をあきらめないための選択肢ですが、
手間暇かかってしまうのも自然素材の宿命なのです。

このようにして、手間暇かけられて仕上がった

布クロスの部屋は、高級感があります

布クロスとは、織物クロスとも言いますが、
壁紙用に織った布に、紙を裏打ちしたものを言います。

ビニールクロスのような完全な工業製品とは異なり、
自然素材ならではのラフな布の質感が部屋に高級感を与えてくれ、

暖かみのある空間にしてくれます。

そもそも「クロス」って英語で「Cloth」ですから、
【本物のクロス】が、布クロスとも言えますね。

部屋に入った瞬間、
一目で「普通のクロスじゃない!」と分かりますから、

内装でちょっとひと工夫したい方にも、おすすめです。

このように、布クロスは見た目を楽しめる上に、

汚れにくく、丈夫で耐久性にも優れています

アトピッコハウスの布クロス、すっぴんクロスは、
自然素材の布クロスですので、静電気がおきにくいのが特徴です。

一般的に、料理中の油分を含んだ湯気やタバコの煙などは、
壁に付着しているホコリにくっついて、壁を汚していきます。

ホコリは静電気で壁にくっついていますので、
静電気がおきないということは、つまり、汚れにくいということなのです。

また、耐久性も抜群です。

先ほど、ビニールクロスは
施工のしやすさ、材料の安さを追求した商品だとお話ししましたが、
言い換えると、耐久性や住み心地というのは、後回しになっている節があります。

安く、早く、家を完成させるのは得意ですが、
そもそも数十年ともつようにはできていないのが事実です。

また、同じ自然素材の壁紙である紙クロスや和紙クロスについても、
よほど上質な商品でない限り、比較的傷つきやすいです。

これらに対して、アトピッコハウスの布クロスは、とっても丈夫です。
成人男性でも素手ではやぶけません。
子供でも簡単にやぶくことができるビニールクロスと比較すると、
その差は歴然。

「いいものを長く」というアトピッコハウスの考えに基づいて作られている
すっぴんクロスは、数十年と持ってくれます。

長持ちするなら、差額を出しても損はないはず。
あきらめない理由にはなりませんでしょうか?

いかがでしたでしょうか。

自然素材の内装にしたいと思って、塗り壁を検討する方は多いですが、
予算であきらめる方も、同様に多いです。

たしかに、流通している「モノ」の値段には、それぞれ理由があります。

ですが、ちょっとした雑貨ならば、
安いものを買ってダメになってしまってもすぐに買い替えることができますが、
内装となると、そんなに気軽ではありません。

家にかかわるモノは、慎重に選ぶ必要があると思うのです。

塗り壁をあきらめてビニールクロス、と簡単に諦めてしまう前に、
自然素材の布クロスを検討してみてはいかがでしょうか?

ビニールクロスほど安くはありませんが、
塗り壁ほど高くはない。
だけど、自然素材ならではの高級感で、素敵なお部屋にすることができます。

アトピッコハウスの販売している
自然素材の布クロス、すっぴんクロスでは、

汚れの目立ちにくいキッズシリーズや、
キッチンに使えるシリーズ、撥水性の高いシリーズなど、
全30種類のラインナップをご用意しています。

11

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら