アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

夏の湿度に珪藻土塗り壁

  • 04
  • 8月
  • 2016

夏が暑いのは当たり前ですが、
ここ数年は、さらに暑さを増している気がします。

熱中症になる人も多く、
昔のように、外で元気よく遊ぶのが一番!とも言えなくなってきています。
でも、室内にいても気分が悪くなることもありますね。

大敵は、湿気です。
湿気とどう付き合えばいいのか、それが夏をうまく過ごすポイントです。

調湿機能のある塗り壁をご存じでしょうか。
珪藻土を材料とした塗り壁で、湿度対策ができるのです。

暑いです!

夏到来です

アトピッコハウス(株)スタッフの尾崎奈苗です。

梅雨も明け、ギラギラとした太陽が降り注ぐ、
直射日光が苦手な私には大敵の季節がやってきました。

太陽の下を日傘無しで歩いたり
湿気のこもる部屋にいたりすると
頭痛に苦しめられることもしばしば。

でも、そんなことを言っている割には
南国が好きです。

外を歩けば太陽はギラギラだけど、
部屋の中で、暑い暑いと言いながらも
窓を全開にすれば風の流れを感じることができて、

汗もいっぱいかくけれど、不快じゃない。
そんな南国の暮らしに憧れます。

問題は湿度

なぜ南国好きの私が
首都圏の暑さには耐えられないのか。

それはずばり、体力を消耗させるのは気温ではなく
湿度だからです。

南国は、気温は高いけれど湿度は低い。
カラッとしているから、多少暑くても快適なのです。

湿度が高いと、体内に溜まった余計な水分も排出されにくくなり、
それが身体に様々なトラブルをもたらします。

そのように、身体に害をおよぼす湿気のことは「湿邪」と呼ばれ、
頭痛やむくみなどの原因となります。

湿邪が最も影響を及ぼすのは消化器系と言われています。
夏に食欲が落ちたり、胃がもたれたりするのは
暑さだけでなく、湿気のせいでもあるのですね。

熱中症に注意!

調湿機能のある塗り壁

でも、だからと言って一日中エアコンの除湿をかけていると
電気代もかかります。
除湿機能だけでもかなり涼しくなるので、
ずっと当たっていると、これまた体調が悪くなります。

冷えによる体調不良は、
むくみ、身体のだるさ、喉の痛み、頭痛、生理不順など。
多湿による症状とあまり変わらないですね。

ベタベタしていても、冷えすぎてもよくないので
夏は調整がなかなか難しいのですが、
そんな時にうれしいのが、調湿機能のある塗り壁です。

「珪藻土塗り壁」をご存じでしょうか。

珪藻土とは、藻類の一種である珪藻の殻の化石が堆積したもので、
表面には目に見えない小さな穴が開いています。

この穴で呼吸をして、
湿度が高いときには湿気を吸って、
空気が乾燥してきたら吐き出してくれるという優れものです。

この珪藻土を使った塗り壁が今、注目されています。

珪藻土の塗り壁を選ぶときの注意点

珪藻土塗り壁は様々なメーカーから販売されていて、
DIYにも適していることから
手軽に購入可能ですが、
いくつか注意点があります。

まず、珪藻土が数パーセントしか入っていないのに
珪藻土塗り壁と謳っている粗悪品があることです。
珪藻土の含有量については確かめる必要があります。

もうひとつは、固め方です。
珪藻土はそれ単体では固まることができないため、
なんらかの硬化剤を混ぜることで塗り壁材となるのですが、

多くの商品は、コストを下げたり手間を省くために
接着剤などの合成樹脂で固められています。

でも、合成樹脂で固めてしまうと、せっかくの「穴」がつぶれて
調湿機能が失われてしまいます。

これでは珪藻土の意味がありません。

珪藻土の魅力を活かした「はいから小町」

アトピッコハウスの珪藻土「はいから小町」
自然素材100%の塗り壁材です。

珪藻土の含有量は、体積比で40%以上。

そして、固めるためのつなぎは、にがりです。
海水から塩を作る際にできる余剰なミネラル分を含む液体で、
豆乳を豆腐に変えるときの凝固剤として使われるものなので
もちろん安心素材です。

このにがりが、珪藻土内のマグネシアという成分と結びつくことで
固まるのですが、
その際に珪藻土の穴を潰すことがないので
調湿機能はそのまま。

数字で言うと、吸放湿量は241g/㎡。
これは、1㎡のはいから小町が、
24時間で241gの水分を吸放出する能力を持っているという意味です。

ピンと来ない方は多いと思いますが、
JIS規格で「調湿建材」と呼べる基準が70g/㎡ですので
それを遥かに上回る数値と言えます。

アトピッコハウスの事務所の壁は、はいから小町が塗られています。
エアコンはありません。

どんな真夏日でも快適~というのは正直、さすがに無理があります。
でも、30℃くらいまでの気温の日であれば、嘘偽りなく快適なのです。

自分の家だったら間違いなくエアコンに頼ってしまうベタベタな日も、
会社に来れば窓開けだけで肌もサラリ。
はいから小町の調湿性能を毎日実感しながらお仕事しています。

珪藻土塗壁 はいから小町

いかがでしたか?

暑い夏の日は体調を崩しやすい、
でもエアコンに頼りすぎたくない方は、
まず湿度を軽減させる方法から考えましょう。

抜群の調湿機能で
夏も冬も快適に過ごせる珪藻土塗り壁を、ぜひご検討くださいね。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら