アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

家を建てるのに、必要なお金はどれくらい?

  • 13
  • 8月
  • 2019

家を建てるには、出せる予算を算出することが必要です。
予算が決まらないと、何も始まりません!

アトピッコハウスの建材について問い合わせ頂いたお施主様と
お話することも多いのですが、
予算が決まってない、まだ何も決まってないという方も
いらっしゃいます。

使いたい建材を探すことから始まってしまうと、
トータルの建築費用の見積もりを提示された際に
内装材は標準仕様にして、自然素材の建材は断念することも。

注文住宅を建てる際に、必要な予算、
お金について考えてみました。

家づくりは土地の購入からスタート

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの山田です。
注文住宅を建てる場合、自分の土地がなければ
土地探しからスタートとなります。

土地購入には、土地代だけでなく、諸費用が発生します。
物件価格の5~10%の手付金、仲介手数料など。

ローンを使って購入するなら、ローンの諸費用も必要です。

また、土地を購入する際には土地や建物の所有者となるため、
登記を行うことが必要です。
登記には登録免許税が発生します。

登記に関しては、司法書士が代行します。
その司法書士の方にお支払いする報酬金額も別途必要となります。

このように、土地購入だけで様々な諸費用が発生します。

建築費が予算を大きく占めます

土地が決まったら、建築会社を決め、
本見積もりを作成してもらいます。

建築費には、基礎工事、外装工事、内装工事、住宅機器設備など
すべての工事費用が含まれます。

これは、注文住宅を依頼する会社によって変わってきます。
ハウスメーカー、工務店など。

会社の規模や標準仕様によっても提示する金額が変わります。
設計事務所に頼む場合、割高になります。

建築費用の相場はどのくらい

予算によって、建てられる家の仕様はピンキリです。
1000万円で建てられる家と謳っているハウスメーカーに
頼めば、1000万円台でも建てられると思いますが、

実際は、2000万~3000万円台が相場のようです。

2世帯住宅や間取りにこだわった住宅などは、4000万円台になることも。
間取りや規模、地域によっても相場は変わってきます。

住宅ローンを組むのにかかる費用、税金

土地代、建築代を支払う際、
住宅ローンを組む方が多いのではないでしょうか。

住宅ローンは長期間になるため、20~30年後の返済プランを考えることが必要。
頭金がある程度ないと、全て住宅ローンでまかなわければならないため、
長期間のローンになります。

頭金は住宅購入額の20%以上、
少なくても10%は用意したほうがいいと言われています。

土地と建物を購入すると固定資産税も発生しますので、
ローン返済だけでなく、プラス税金の支払いをしなくてはなりません。

コストダウンの方法

30年後は、60~70歳。働ける体でいるか、年金はちゃんともらえるのか。
不安でいっぱいです。子供がいたら引き継ぐこともできますが、
将来同居できるかもわかりません。

色々考えた結果、4000万円代の家を建てるのは難しい。
1000万円のコストダウンを考えたいとなると、
何を削ったらよいでしょう。

やはり建築費用が大きく占めるため、
設備のグレードを下げる、間取りを変更する、壁を少なくする
複雑な形状の建物にしない。水回りは1カ所に集中させて
配管工事費を節約するなど。

削れると思えるところは我慢が必要です。

いかがでしょうか?

住宅購入には、建築費用だけでなく、
手に入れた資産に対して税金を払ったり、
ローンを返済したりと長期的に支払いが発生します。

お金のことを考えるのは夢がないですが、
削れるところと譲りたくないところの
メリハリをつけて、理想の家づくりを実現させたいですね。

当社でも、以下のセミナーで住宅購入についてご説明しています。
受講してみてはいかがでしょうか。
失敗しない 本物の家をつくる秘訣

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。


オリジナル建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら