アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休
みなさんの希望の家は、どんな家?

無垢材にすると、床暖房いらないかも?

  • 24
  • 4月
  • 2013

こんにちは!
無垢・漆喰・珪藻土「自然素材の内装材ブログ」を運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

季節的に、もう「床暖房」の話でもないでしょ!

という方もいらっしゃるかも知れませんが、
大切なポイントなので、シェアさせて頂きます。

大阪で、リフォームを計画中の方から、こんなコメントを頂きました。

ごろ寝フローリング、施工事例

【家づくりで1番気になってる事は何ですか?】
化学物質過敏症ではないですが、新築のモデルルーム、100円ショップに入ると頭が痛くなります。 壁、床をなるべく化学物質が入っていないものにしたいです。 またスケルトンリフォームをするので、生活動線および風のとおりについても気になります。

【どうして、当社に資料請求しようと思いましたか?】
電気蓄熱式床暖房を希望していて、無垢板にするとマンションなので、下階への防音処置として遮音材を入れる必要があり、床が上がり、天井高が低くなるので、なるべく床があがらない ものを探していました。 また無垢材にすると床暖房はいらないかも とも思っています。

マンションリフォームで、床を張り替える場合、
遮音性能を確保しないとならないという規定がありますので、

床遮音材「わんぱく応援マット」のお問合せを沢山頂きます。

そして、無垢フローリングを検討される方には、
この方が感じている通り、「床暖房」は、必要ないと思うのです。

無垢フローリングには、そのままの状態で「温もり」があります。

特に、「柔らかい樹種」で、しかも、無塗装や自然塗装の製品であれば、
「床暖房」なんて、必要ないと思います。

たしかに、「ほのかに」床が温かいというのも、

気持ちはいいのですが、
無垢フローリングは、冬は、合板のように「ヒヤッ」としないし、

夏場は、合板のようにベタベタせず、

サラッとして気持ちがいいのです。

この気持ちよさを知ってしまったら、無垢フローリングを諦めることなんて、

絶対に出来ないと思います。

無垢フローリングにして、床暖房は使わない。
これで、「床」は、決まりでしょう~

自分にあった樹種が、お知りになりたい方は、
床診断をご利用ください。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです
ごろ寝フローリング